【第4回 利用実態調査】東京夢の島マリーナにおける、水上オートバイの利用実態調査報告

調査日時:10月24日(土)/10時~15時 調査場所:東京夢の島マリーナ内、水上オートバイ用ビジターバースおよび固定桟橋 東京夢の島マリーナ内において、水上オートバイの利用実態の調査を実施しました。 主な調査項目は、以下のとおりです。 ・港内での最徐行の有無 ・港内での右側航行の有無 ・港内での1列航行の有無 ・TPSPビブスの着用の有無 ・TPSPの認知度について 上記について水上オートバイ用ビジターバース付近と固定桟橋上から目視。および、上陸してきた水上オートバイユーザーへの声がけと、チラシの配布を行いました。 ■利用状況(入港数/出港数) 10時~11時:2/0 11時~12時:5/7 12時~13時: 2/0 13時~14時: 2/4 14時~15時: 0/0 ■調査結果 ・最徐行での入出港は、ほとんどの水上オートバイが実行していた。 ・ほとんどの水上オートバイは1列での航行もできていた。 ・ほとんどの水上オートバイは右側航行ができていた。 ・排気音が大きくなる改造を施した水上オートバイは認められず。 ○TPSP認知度について(上陸してきた水上オートバイユーザーに声がけ) ・TPSPビブス着用者:0名 ・TPSPを知らない:6名​ ■所感 過去の調査と比べ気温も低く、当日の入出港も少ない台数となりましたが、東京夢の島マリーナに入港した水上オートバイユーザーは最徐行・右側航行・1列航行すべて行っていました。 どれも港内に限らず、水上では必要な基本ルールです。 今後も水上オートバイに乗る際には心がけて航行してください。 また日没も7~8月に比べはやくなっておりますので、無

【調査・チラシ配布】10月24日(土)に東京夢の島マリーナで利用実態調査を行います。

10月24日(土)の10時~15時に東京夢の島マリーナで利用実態調査をします。 今回も以下の項目を中心に調査していきます。 ・徐行(8km/h以下)最徐行(5km/h以下)の有無 ・右側航行の有無 ・港内での1列航行の有無 ・TPSPビブスの着用の有無 ・TPSPの認知度について 右側航行については、過去の調査でも実行できている水上オートバイが少ないため、特に気をつけて航行してください。 またTPSPの取り組みを広く認知していただくため、上陸してくる水上オートバイユーザーの皆さんへの声がけとTPSPチラシの配布をおこないますので、ご協力をお願いいたします。

【ルール】KMC横浜マリーナの利用に際して

東京港・湾・河川で水上オートバイの航行時に立ち寄ることのあるKMC横浜マリーナ。 利用時のルールとマナーについて掲載しますので、ご注意いただけるようTPSP事務局よりお願いします。 ●入出港時の注意 ・KMC横浜マリーナ~鶴見川の区間は、必ず徐行(8km/h以下)をお願いします。 ・ビジターバースは予約なしでも係留可能ですが、休日や団体など混雑が予想される場合は予約をすると便利です。 ・ビジターバースの利用料金は、2時間で500円です(10リットルを超える給油をした場合は無料。2時間を超えた場合は別途、超過料金)。 ・ビジターバースのスペースは限られています。奥から順に、1艇でも多く係留できるように配慮をお願いします。 ・給油はハイオクのみで時価となります。 ・施設内で刺青・タトゥーを露出しないでください。 ・事前に予約すれば、バーベキューもできます(1人:税別3000円)。 ※写真はイメージです。食材などは変更になる場合があります。 ・他船の直前を横切らず、後ろを回って航行してください。 ・大桟橋の客船には近づかないようにしてください。 ・右側航行が守られないと、他船の針路を妨害したり、衝突の恐れがあります。必ず右側航行を遵守してください。 協力:KMC横浜マリーナ http://www.kmcy.com/

TPSP安全講習会にご参加ください

TPSP事務局では東京港・湾・河川でルールやマナーを守って水上オートバイを乗っていただき、TPSPビブスを着て、より安全を意識して航行してもらえるよう、TPSP安全講習会を東京夢の島マリーナで開催しております。 また東京夢の島マリーナ会場だと遠くて受講しづらいという場合、10名以上が集まれば出張講習が可能ですので、ご希望の方はTPSPホームページの『ご意見・お問い合わせ』からご相談ください。 なお、ご希望に添えないこともありますので、あらかじめご了承ください。 10月の開催は以下のようになっております。 8日(木)、15日(木)、22日(木):東京夢の島マリーナ/19時~21時 11日(日):エムジーマリーン(千葉県市川市大和田2-19-6)/18時30分~20時30分 10月11日(日)のエムジーマリーンにて行われるTPSP安全講習会は、同日に開催される「THE DUAL DRAG in EDOGAWA 第 11戦」のあととなります。 イベントに参加される方や観戦にきている方、ぜひこの機会に受講をお願いします。

最新記事
アーカイブ